就労目的の出入国管理対策|ベンチャーサポートが全ての人の夢を叶える|その日が吉日
男の人

ベンチャーサポートが全ての人の夢を叶える|その日が吉日

このエントリーをはてなブックマークに追加

就労目的の出入国管理対策

カード

就労目的での査証取得条件

近年の世界経済にあっては欧米中心だった従来の図式が崩壊し、アジア各国の存在感が急速に高まっています。日本はその中でも第2次世界対戦後にいち早く経済成長を遂げて世界経済の主役に躍り出ましたが、21世紀に入ってからは新興国が重要な役割を果たしているのです。その中にあって特に注目されるのは、中国の特別自治区に位置しながら世界有数の経済都市としての側面も持つ香港です。中国本土とは異なる行政制度と経済制度を持つ香港では自由貿易が行われており、世界中の企業が進出しています。日本企業もその例外ではなく、現地での開業や支社設立といった進出例が近年特に増加中です。娯楽施設や映画産業など観光面での資源も豊富に持つ香港は、ビジネスの場として無限の可能性を秘めた経済エリアと言えます。そんな香港に日本企業が支社を設立しようという場合には、当然のことながら社員を現地に派遣することになります。ビザなし滞在の適用期間を超える長期滞在も予想されることから、社員の派遣には就労ビザの取得が欠かません。就労ビザ取得の際には、香港経済の発展に対する貢献や現地採用の人には担当困難な業務といった条件をクリアする必要もあります。

最も確実な査証取得方法

日本のパスポートを持つ人が香港でビザなし滞在できる期間は90日以内と定められており、滞在目的も観光などに限定されます。現地で本格的なビジネス活動に専念しようという場合には、比較的厳しい条件を満たして就労ビザを取得しなければなりません。書類や申請理由等に不備があって一度取得に失敗した場合は、再度申請しても就労ビザをなかなか発行してもらえないため注意が必要です。香港への就労ビザ取得手続きを手落ちなく確実に進めるには、煩雑な手続きを代行してくれる業者の利用がまず考えられます。香港会社の設立・経営支援を行っているコンサルティング会社を利用することでも、同様に就労ビザの手配まで手厚くサポートしてくれるものです。そうしたコンサルティング会社は現地の最新事情にも通じているため、予想されるさまざまな困難を乗り越えるための知恵も授けてくれます。香港でビジネスを展開するためのノウハウから就労ビザの取得まで、手広く支援してくれるコンサルタントは海外進出に不可欠の存在です。人口減で将来の市場規模縮小が予想される国内より有望なアジア市場にあって、香港は台風の目になり得る国際経済都市として熱い注目を浴びています。